So-net無料ブログ作成
検索選択

DAVID BOWIE is 展 [散歩]

お友達に誘われて「DAVID BOWIE is」展を観に行ってきました。

正直に言うと、DEVID BOWIEさんのこと、私、ほとんど知りません。
洋楽はまったく聴かないし、、、知っているのは『戦場のメリークリスマス』の姿くらいかな。

ロンドン生まれってことで、何となく親近感があるのと、
ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館の企画ってことで興味を持ちました。

IMG_0418 (640x480).jpg

iphoneで撮った1枚です。看板とかもあったのに、これしか撮らなかったのです(TT)

会場に入るとヘッドフォンを渡され、装着をして観て回ります。
あちこちに映像が流れていて、ヘッドフォンから音楽が流れます。
その他会場内全体でも音楽が流れている場所もあります。
3時間会場にいました。それでもまだ観きれていません。何時間でも居れそうです。

手描きの文字が展示してあったのですが、その文字に懐かしさを感じました。
1や2や7の、英国人の数字の書き方、独特なんですよね~。
ロックンロールって言っても、割と穏やかなんだなって思いました。
あ!これ、聞いたことあるかも、、、な程度なんですけれど^^;
英語が聞けたり、読めたりしたら、もっとこの展覧会を楽しめるのでしょうね。。。
舞台衣装で、歩けないのもありました。紅白の小林幸子さんの衣装の先駆け?
なんて思ったのは私くらいかしらん?
大胆なタッチの絵画も素敵でした☆

DAVID BOWIEさんは、何でも吸収して新たなことを発信できる、すごい人です。
若い頃のビジュアルも恰好良いですが、年齢を重ねるほど素敵になっています。

『誰でもなりたい人間になれる』
そうありたいなって思います。。。